グラフィックデザイナー学校で技術を身に付ける

a0002_009635
グラフィックデザイナーとはポスターや雑誌などで広告デザイン・書籍などの表紙のデザイン・店舗のカンバンなどをデザインする人のことです。
書籍の表紙を専門にしているグラフィックデザイナーもいます。逆にありとあらゆるもののデザインをする人もいます。
デザインをするだけでなく企画から携わりコンセプトに沿って制作まで行います。仕事の依頼主は出版社や広告代理店であることが多いようです。
規模が大きくなるとコピーライターやイラストレーターなどと一緒にチームを作り作品を制作することもあります。
フリーランスで活躍しているグラフィックデザイナーもいますがほとんどの場合が編集プロダクションや広告代理店、デザイン事務所や印刷会社のデザイン部に所属して会社員として働いています。
会社員として数年修行を積んでから実力を認められれば、フリーランスとして独立できます。また自分でデザイン事務所を立ち上げて社長として社員を雇うこともあります。
グラフィックデザイナーが主に行う業務は全体の構図を考えて文字やイラスト・写真のデザインをします。全体のイメージに合う配置・配色を決めて、どうすれば人の目を引き付けられるかを考えます。
美的センスも重要ですがマーケティング能力などもあると役立ちます。
またチームで制作を行うこともあるので周りの人を気遣う気持ちを持ち合わせることも大切です。
グラフィックデザイナーに必要とされる技術は主にパソコンソフトを使用できる能力です。IllustratorやPhotoshopなどのソフトを使えるとグラフィックデザイナーになりやすいでしょう。
グラフィックデザイナーに興味がある人のなかには「IllustratorやPhotoshopは使えるけど美的センスが無いから……」「センスには自信があるけどパソコンが使えない……」という人もいるかもしれません。
そんな人にはグラフィックデザイナー学校へ通うことをおすすめします。
美的センスを磨くために様々な作品を鑑賞してどの点が良い・悪いのかを自分なりに考えます。
パソコンを使用して作品を作る事業もあるので実践的な技能・知識が身につきます。
実際にプロのグラフィックデザイナーの先生たちが「商品として売れるか?」ということにポイントを置いて、自分の制作物にアドバイスをしてくれます。
グラフィックデザイナーの学校に通うことでプロの現場に出たときに、自信を持って仕事に取り組めるようになります。
グラフィックデザイナーの学校でセンスよく! 自分の感性を生かした作品を作りましょう!